2016-10-24http://moneystudent.xyz/crowd-bank/

[学生でもできる]1万円からのソーシャルレンディング・日本クラウド証券

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年では投資に興味のある学生も多いことでしょう。お金にお金を稼いでもらうことを早いうちから覚えるのは重要です。しかし、株式投資に本格的に参入するとなると初期投資金額として50万円程度はほしいところです。また株式投資ではリターンが不透明。それが気になる方もいるかと思います。そんな学生たちにお勧めしたい新たな投資の形ソーシャルレンディングです。

そもそもソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人お金を貸したい人をマッチングするインターネットサービスのことです。この場合お金を借りたい人は企業です。企業がお金を借りる手段は銀行からの融資が一般的です。この代替手段として、台頭しつつあるのがソーシャルレンディングです。インターネットで多くの人から少しずつお金を借りることでお金を貸す人(投資家)の最低購入金額を減らすことができます。また債券と異なる点は償還期間(貸出期間)が長くても3年程度と短いということです。投資期間を限定することでリスクを小さくすることができます。

このソーシャルレンディングのサービスを提供している会社の一つが日本クラウド証券です。

日本クラウド証券

kuraudo

日本クラウド証券ではクラウドバンクというソーシャルレンディングサービスを提供しています。日本で初めて証券会社が提供するソーシャルレンディング・サービスです

年利5%以上を目指した資産運用

クラウドバンクでは、少額から多くの人が資金を集約することで、着実に資産運用できる、好利回りの投資案件への参加を可能にしています。
また、多くの投資案件が年利5%以上を目指した資産運用となっています。たとえば100万円を想定利回り5%で2年間運用すると92,000円の分配金が得られることになります。通常の銀行預金では1000円も利息を手に入れることはできないでしょう。

クラウドバンクは短期間で償還される商品が中心です。しかし、継続的に投資を行うことで「複利効果」を発揮することも可能です。

透明性の高い運営

日本初のクラウドファンディング取扱い証券会社(第1種金融商品取引業者)としてサービスを提供し、金融商取引法によって求められるコンプライアンス体制と自己資本規制比率などの高い財務基準をクリアし、透明性の高い運営を行っています。*自己資本規制比率の算出については「金融商品取引法」及び「金融商品取引業に関する内閣府令」に定められています。
金融に関する実績や専門知識を活かして長期間に渡り投資家の資産形成をお手伝いします。お客様の資産が増えれば増えるほど、クラウドバンクにも利益がもたらされる仕組みです。つまり、クラウドバンクの当事者である、投資家(お客さま)、資金需要者(企業等)、クラウドバンク運営者(日本クラウド証券)の3者の利害を一致させる仕組みが、クラウドバンクなのです。

短期間運用による迅速な投資効果の実感

短期運用が中心となっていますが、高利回りの商品が多く。繰り返し長期運用すれば複利効果を得られます。

最短で3か月程度の短期運用ですので、その投資効果、お金が増えているのが実感できます。これは投資初心者にとっては非常にうれしいことです。

さらに、毎月の分配金と償還金を再投資していくことでより高い利回りを得られる可能性が十分にあります。。

口座開設手数料0円、販売手数料0円

もちろんクラウドバンクの口座は投資信託などのファンドではないために口座開設や販売にかかる手数料はかかりません。

まとめ

このサービスは私も利用しているお気に入りの資産運用先です。運用実績は順次報告いたします。

このクラウドバンクが提供するソーシャルレンディングは新しい投資の形態としてポートフォリオに取り入れるのもいいアイデアでしょう。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


hiro