2018-01-06http://moneystudent.xyz/ico-regain/

【ICO】年利160%のREGAINは魅力的なのか??リスクを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

REGAINとは何か

 REGAIN

 

REGAINとは、新たなICO案件です。

ビットコイン相場の乱高下を抑えて、安定的な相場形成を目的としています。このトークンの特徴は配当のようなものがあることです。このトークンはマイニングに特化したもので、マイニングの報酬を配分してくれます。ホワイトペーパーによると年利150%ほどということです。概要はこのようになっています。

詳しい説明は、

公式サイト

ホワイトペーパー

と下の動画で確認してみてください。

この記事の焦点はそんなことじゃなくて、REGAINはほんとにいいのか?ということを批判的に考えてみます。

 

 

 

 

REGAINの特徴と権利

以下、ホワイトペーパーの抜粋です。

私たちが用意する REG トークン は、以下の 特 徴 、権利 があります。

  •  当社 が受け取る利益の う ち 60% を 分配して 得られる権利 があります

  • 配当の権利はスマートコントラクト により 確実に自動で実行 されます

  • プライベートブロックチェーンにより秘匿性が重視されています

  • REG トークンは独自ウォレットで管理されます

  • 配当は独自ウォレットに BTC で支払われます

  • 1REG トークンあたりの配当は 0.034 BTC/月 〜 が想定されます

  • 配当日は月末日 ( 12:00 PM UTC+4) 締めの翌月 15 日 ( 12:00 PM UTC+4)払いです ( ※ 9)

  • 配当を得られる権利は、マイニング市場の著しい変化が起きない限り半永久的に与えられます

  • REG トークンの取引は ICO 終了後可能になります 。

 

 

REGAINのリスクは??

そんなおいしいはなしがあるのか??詐欺ではないのかと不安になる事もあるでしょう。誰もがそう思うと思います。年利160%、あり得ません。これからこれを可能にする仕組みについて批判的に考えてみます。

まずREGAINのトークンを1単位(1REG)購入するとします。1次トークンセール時は1REGあたり4000ドルです。

ホワイトペーパーによると、月に0.034BTCのマイニング報酬を得ることができる見込みです。つまり年間で0.408BTCです。

想定レートはおそらく15400ドルです。

つまり、年間の報酬は、0.408BTC≒6300ドルとなり、確かに160%ほどの年利があることになります。

本質的なリスクは大きく2つであると思います(持ち逃げとかそういうものではなく、ホワイトペーパーにウソ偽りがないことを前提としたときのお話)。

  • ビットコイン価格の乱高下リスク
  • マイニングの難化リスク

1つ目はビットコイン価格乱高下のリスクです。これは通常の法定通貨に対してビットコインの価格が乱高下する場合、想定する年利を実現できない可能性です。もしいま4000ドルで買った1REGコインの報酬を1年後に0.408BTC受け取る際にそのレートが1/10になってしまっていたら、ビットコインでは年利160%であっても、ドル建て(円建て)の年利では16%に目減りすることになります。もちろん、ビットコイン価格が上昇した場合はこれ以上の年利を実現することができるかもしれません。もしあなたがビットコインを増やしたいと思うだけならこのリスクは関係ないです。1REGで1年当たり0.408BTCを得ることをには変わりないためです。

2つ目はマイニングの難化です。こちらが深刻なリスクと言えます。第一にホワイトペーパーではBTCのマイニングの報酬を現在の報酬レートで固定して考えてあるように読み取れます。実際はこの報酬レートは減少するものです。すなわち、現在の環境が将来続くことを暗黙の前提としています(あきらかに都合がよく書かれています)。すなわち1REGで1年当たり0.408BTCを得ることができない可能性が意外と高そうというのが私の見立てです。

結局、買うのか、買わないのか

私は買いました。0.1BTC分のREGトークンを購入しました。投資(トークンは投機でしょうが)はあくまで自己判断です。

 

まとめ

REGコイン事体は注目されていると思います。ですがICOは非常にリスクの大きな投資です。いつも以上に慎重になってほしいです。

特にビットコインの乱高下がひどいです。REGAINはビットコイン建ての価値は確実にあると思います。つまりビットコインに価値があるのであればREGAINも相当の価値を持つものでしょう。

 

追記:初回の配当はいつなの??

公式サイトによるとREGAINの初回配当は2018年の4月ということです。

REGトークン配布の流れについて
トークン、配当の受取はREGウォレット(開発中)で行う予定です。
配当型という性質上、セキュリティがもっとも強く安全な方法の模索を常に行なっています。
初回配当は4月15日とまだ少し先ですので正式な受取方法は4月1日までにご登録されているメールアドレスへの通知と本ページにて発表させて頂きます。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


hiro