2016-11-03http://moneystudent.xyz/line-stamp/

初心者もできる外注したLINEスタンプでお金を稼ぐ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いま注目されている副業の一つとして、LINEスタンプの販売があります。

やってみたというひとは多いでしょう。

ラインスタンプ販売の最大の魅力はリスクが”0”であるということです。

LINEクリエーターズマーケットに登録するだけで簡単に誰でも販売ができてその売り上げに応じたお金を手にすることができるのです。

LINEスタンプを購入する層は20-30代と学生の年齢とも近いため、学生の生の気持ちを反映させれば売れるスタンプを作れるかもしれません。

ラインスタンプ皆さんは使ってますでしょうか?

学生でもそうでもない人もおそらくこのサイトを閲覧している方全員がラインスタンプのユーザーであることは間違いないでしょう。

実はあのスタンプ簡単に作れて、簡単に売ることができます。

というわけで、

 

筆者も実際3種類のラインスタンプを登録してリリースしてみました。

私が作ったスタンプはこちらです。

main

ぼうあざらしくん

37

ただただ四角いレクたん

01

いじわるインコさん

 

最初の2つの制作にかかった時間はそれぞれ4時間くらいです。

これらを審査に出して通るまでおおよそ1週間くらいかかりました。

つまり合計2週間あればラインスタンプ制作から販売まで十分できます。

ラインスタンプの作り方

私は絵が得意なわけでもありません(作品を見ていただければわかると思いますが)。

パソコン上で絵を描いたこともありませんでした。

そんな私が使ったソフトは、

アザラシのほうはフリーソフトGIMP

四角いやつ方は皆さんおなじみのマイクロソフトオフィスのパワーポイントです(笑)

最後の鳥のキャラクターは制作代行しました。

これについては次に記載します。

ラインスタンプは絵のうまい下手は関係なくリリースすることができます。ぜひ絵のうまい人はやってみてください。完全にノーリスクですのでやってみる価値はあります。

それだけじゃなく、売り上げレポートを見るのが楽しみになってきます。

 

アイデア一つで売れるスタンプを作れれば月収100万円もあり得るのだとか。。。

 

ラインスタンプを作りたい。アイデアはある、でも、絵心がない。

そんな人はぜひ制作代行サービスを使ってみてください。

アイデア一つ持っていればそれをカタチにしてくれます。

いくつかのラインスタンプを作ってくれる会社を紹介します。

STAMP FACTORY

STAMP FACTORYでは業界最安値29,800円でスタンプ制作代行ができます。

何より簡単なアンケートとイメージを伝えるだけでスタンプを作成することができます。

 

株式会社 アーリンク

こちらの会社では、個人向けライトコースが172,000円となっています。

このコースには日本語バージョンにプラスして英語バージョンと中国語バージョンがついてきます。

市場が格段に広い中国、英語圏を狙えるのは大きなチャンスです!

 

STAMP CREATION

STAMP CREATIONは200,000円からの価格設定となっています。
こちらではスタッフが直接会いに来てface to faceで制作を行ってくれます。

また英語バージョンもついていてサポートも充実しています。

 

もっとリーズナブルに済ませたい人へ

会社にお願いすると高額になります。そこでもっとリーズナブルにスタンプ代行ができるサービスを紹介します。

ランサーズクラウドワークスです。

これらのサイトではフリーランスの方々に様々な依頼をすることができます。

私が販売している3つ目のスタンプいじわるインコさんもこのランサーズを使って代行してもらいました。

価格は21600円から依頼することができます。業者に代行をお願いするより圧倒的なコストパフォーマンスです。おそらくこれが最安値。

さらにランサーズでは1万円でラインスタンプ作成を依頼し、取引が成立している方もいらっしゃいました。

応募の仕方次第では1万円以下でのLINEスタンプ制作依頼も可能かもしれません。

このくらいならば、お金に少し余裕のある学生なら手が出せる金額であると思います。

またランサーズではコンペ方式をとっているので複数の提案から選ぶことができます。

アイデアがあるひとはぜひチャレンジしてみてください。

ラインスタンプ販売実績

ラインスタンプの販売実績はこんな感じです。

2015年12月、2016年1月販売実績

12gatu1gatu

結果からいうとこの2か月で利益が347円でした。

ランサーズで依頼したスタンプ制作代行の代金を取り戻すにまだまだかかりそうです。

しかし自作のほうもいくつか売れておりこちらは製作費”0”ですのでノーリスク資産といっていいでしょう。

何よりラインがサービスを存続させる限り、半永久的に少しでも何もしなくてもお金が入ってくるということになるので資産として非常に魅力的であると思います。

まとめ

 

作成から販売までの流れはこんな感じです。

  1. LINEクリエーターズマーケットへ登録。
  2. ラインスタンプの作成。
  3. ラインスタンプの登録(スタンプのタイトルや説明文)。
  4. 審査
  5. 審査結果(審査からおおよそ1週間以内)
  6. 販売(リリース)

ラインスタンプは資産として魅力的です。維持費がかからず初期投資も必要ないので。普段からイラストを描いている人にとっては最高のサービスです。

またアイデア一つでうまくいけば月収100万円も夢じゃありません。

ぜひチャレンジしてみてください。

販売実績についてはこれから定期的に報告させていただきます。

追記

2016年5月8日

2月から4月までの収支報告の記事を掲載いたしました。

こちらです。

また、いじわるインコさんのLine着せ替えをリリースいたしました。

2016年10月8日
ぼうあざらしくんとただただ四角いレクたんは全く売れなくなってしまったので売出しをやめました。購入してくださった方ありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


hiro